ビジネススーツや靴・シャツ一式揃えたらいくらになる?具体的な節約術も教えます!

スポンサーリンク





こんにちは、身だしなみマスターです。

ださお君
身だしなみマスター、ビジネススーツとかシャツや靴、一式揃えたらいくらになりますかね?
身だしなみマスター
量販店で全て揃えると、だいたい15万円くらいになります。
ださお君
地方から出てきて一人暮らしする予定なので、できるだけ出費は控えたいのですが…
身だしなみマスター
確かに、ただでさえ一人暮らしで出費がかさむのに、スーツにお金かけたくないですよね。

ビジネススーツにカバン・靴・シャツ・ネクタイ等…一式揃えたら結構な金額になります。

新社会人だった当時の私も、「これ、もう少し節約できないかなぁ」なんて思ってました(笑)

特に地方から引っ越してくる方にとって、ビジネススーツなどの出費はできるだけ抑えたいところですよね。

今回は、そんな新社会人の皆さんのために、ビジネススーツ・その他アイテムの相場や節約に対するマインドについて解説したいと思います。

新生活にはいくらかかる?

ださお君
これから都内にアパートを借りるのですが、どのくらいお金が必要ですか?
身だしなみマスター
家賃の6~7倍が新生活には必要と言われています。

新生活には下記の費用が必要になります。

  • 敷金・礼金
  • 家賃
  • 火災保険
  • 引越し費用
  • 家具・家電
  • 日用品
  • 水道・光熱費
  • 移動にともなう交通費

…等、上げていけばキリがないのですが、家賃の6~7倍くらいが新生活にともなう費用の相場と言われています。

例えば家賃が6万円なら、36万~42万くらいが新生活にかかるということです。

さらに、4月から給与が支払われるわけではないので、その月は無収入で過ごさねばなりません。

身だしなみマスター
新生活を始めるにあたって、最低でも50万円は準備しておきたいところ。

その上ビジネススーツや小物が必要になるというのは、新社会人にとって死活問題ですね。

ビジネススーツや小物を一式揃えるといくらになる?

ださお君
では、ビジネススーツや小物を揃えるといくらになるんですか?
身だしなみマスター
では、ざっくりと試算してみましょう。

以前記事にしましたが、ビジネススタイルには下記のアイテムが必要です。

【就活中の方必見】初めてのビジネススーツ購入!まずは基本の8アイテムをそろえよう

  • スーツ(3万円)
  • シャツ(3千円)
  • ネクタイ(2千円)
  • ベルト(5千円)
  • 腕時計(2万円)
  • 靴下(500円)
  • シューズ(1万円)
  • バッグ(1万5千円)

合計すると8万5500円になります。

金額はスーツの量販店を基準にしてみましたが、一式揃えるとこれくらいかかるでしょう。

「こんなもんかぁ」なんて思った方、実はこれだけではないのです。

上記は、あくまで1セットの試算なので、当然毎日スーツを着る職場であれば最低3セットは必要になるでしょう。

  • スーツ×3着(7万5千円)
  • シャツ×3枚(9千円)
  • ネクタイ×3本(6千円)
  • ベルト(5千円)
  • 腕時計(2万円)
  • 靴下×3足(1500円)
  • シューズ×2足(2万円)
  • バッグ(1万5千円)

3日間隔で着回すとしても、合計15万1500円もかかってしまうのです。

ださお君
初任給に匹敵する金額ですね…

引越し費用や家具・家電…ただでさえお金が掛かるのに、特に地方から来る方にとっては大きな負担ですよね。

かと言って、会社員にとってスーツは必需品、着ないわけにはいきません。

次項からは、私の経験をもとにした新人ビジネスマンの身だしなみ節約術を解説したいと思います。

消耗品と愛用品で考える

私は他のビジネス本やファッションサイトのように、安易に高価なブランドや安価な輸入品をおすすめしないように心がけて執筆していますが、「消耗品」と「愛用品」の概念を持つだけでも十分節約できます。

まず、「消耗品」はできる限り節約を意識して購入しましょう。

例えば、シャツや靴下・ネクタイ・ベルトは良い商品を購入してもすぐにダメになってしまいます。

ですので、最初はセール品をセット買いするかインターネットで最安のものを購入しても良いですね。

確かに「安かろう悪かろう」な部分は否めませんが、まずは生活が第一優先。

シャツやネクタイは、買い替えのタイミングで少しづつグレードを上げても良いと思います。

シャツとベルトの耐久性を実験しました!

写真は、私が実際に耐久性を実験したものです。

シャツ(4800円)は週一回、ベルト(5000円)は2日に一回のローテーションで使っていましたが、大体半年くらいでこんなにボロボロになってしまいました。

私はデスクワークが中心ですのでそんなに荒く使った覚えはないのですが、ここまでくるともう使用できませんね。

逆に、「愛用品」に関して言うと、スーツや革靴・ビジネスバッグは大切にすれば何年も使えますので、安価なものではなくしっかりしたものを選びましょう。

例えば、革靴なんて安価な合皮はすぐにダメになりますが、ちょっと奮発して本革にすれば何年間も履き続けることができます。

結果、長い目で見れば良い商品を買うことが節約になるのです。

本革と合皮コスパはどちらの方が良い?激安の本革靴で耐久性を検証してみた

腕時計の購入は後回しでOK

ださお君
身だしなみマスター、時計は必需品ではないですよね?
身だしなみマスター
確かに、優先度としては低いかもしれませんね。

勘違いして頂きたくないのですが、社会人にとって腕時計は必需品です。

スマホがこれだけ普及している現在、時間を確認するということだけで見れば必須では無いと思われるかもしれませんが、腕時計は「時間を守る社会人の象徴」なんです。

それに、長引いている会議で、それとなく時間を確認することもできますしね(笑)

ただし、優先度としては他のアイテムよりは低いので、新生活に余裕が出来てから購入しても良いと思います。

ビジネスでは付けるのがマナーなの?腕時計の意味やデザイン・機能を解説します!

平時と勝負の日でメリハリを付ける

「仕事ができる人は良いものを身につけている」、よくそんな言葉聞きますよね。

そりゃ無尽蔵にお金があれば別ですが、ほとんどの方は限られた生活費の中でやりくりしているわけです。

ですので、日頃から良いものなんて着用できません。

しかし、矛盾するようですが、勝負服はいつか購入したほうが良いです。

いわゆる、オーダースーツやオーダーシャツですね。

大事な商談や接待・合コンなど、必要になる日がきっと来ます。

ただし「常日頃から良いものを着る」ということではなく、メリハリが重要なんです。

私も勝負服は大切な時だけ、日頃は量販店のスーツやシャツ、時にはインターネットで購入した激安アイテムも駆使して節約してます。

身だしなみマスター
いくら良いブランドのものでも、日頃から着ているとすぐダメになってしまいますからね…

平時と勝負の日でビジネススタイルにもメリハリをつければ、いざって時も上司や異性の好感度を損なうことなく節約ができます。

さらに具体的な節約方法については、下記の記事も参照ください。

見なきゃ損する!ビジネススーツや小物を安く購入できる5つの方法とは?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビジネススーツだけで2~3万円しますが、新社会人にとっては相当痛い出費ですよね。

ですので、まずは具体的にいくらかかるのか、そして、どうすれば節約できるのかを解説させていただきました。

特に「消耗品」と「愛用品」の概念については、そもそも考えたことがなかったなんて方が多いのではないでしょうか。

私も新入社員当時お金がなかったので、安易に安いものを購入して損した経験があります。

シャツやネクタイは使い捨てと割り切って、その分スーツや靴をしっかりメンテナンスして長く使うようにしましょう。

長い目で見ると、それが一番の節約になります。

600円で簡単にできる!本格的なビジネスシューズのお手入れ・保管方法とは?

たったそれだけでいいの?今日から実践できる簡単なスーツのお手入れ・保管方法とは

身だしなみマスター
生活が安定してきたら、ぜひ勝負スーツも1セット購入してくださいね!

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク





まだ現金払いしているのですか?その支払い損しているかもしれませんよ…

現代は現金よりクレカや電子マネーの方が圧倒的にお得です。就活生やフレッシュマンのみなさん、これを機会にぜひクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか?

この記事では、クレカの疑問を1から10までまとめてみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

身だしなみマスター

元大手食品会社の営業マンで、身だしなみの専門家。 就活中の学生や新入社員の身だしなみを専門に解説したサイトが少なかったためこのブログを立ち上げる。 「無理なく格好良く、無理なくおしゃれに」がモットー。 一児の父で、週末は娘と公園に出かけるのが楽しみ。