3万円以下で買える!女性におすすめのビジネスウォッチ20ブランドご紹介します

スポンサーリンク





こんにちは、身だしなみマスターです。

前回のメンズ編が思いのほか好評だったので今回はレディース編、3万円以下で買える女性におすすめの時計ブランド特集です。

前回のメンズ編を執筆するにあたりいろいろリサーチしたんですが、おすすめと言いつつティファニーだのカルティエだのお高いブランドを紹介しているパターンが非常に多いと感じました。

「そりゃ金出せば、おすすめのブランドなんていくらでもあるわ!」…おっと、口が過ぎました(笑)

当ブログは、主にフレッシャーズや就活生の方をターゲットにしていますが、時計に10万円もかけられませんよね。

バイト代で気軽に買うなら、やっぱり3万円以内じゃないですか。

というわけで、今回は時計大臣を自称する私身だしなみマスターが厳選した、3万円以内で購入できる20ブランドを紹介したいと思います。

ビジネスウォッチとは

そもそもビジネスシーンでは時計を着用するのがルールです。

ビジネスでは付けるのがマナーなの?腕時計の意味やデザイン・機能を解説します!

ですので、「スマホがあるからいらない」というのは論外、スーツやメイクと同じように社会人の身だしなみルールです。

人によってはそういったところもチェックしてますので、就職面接でも必ず着用していきましょう。

男性と女性の時計選びの違いとは

男性と女性のビジネス時計選びの違いとはなんでしょうか?

簡単に言うと、男性は実用性、女性はファッション性を求める傾向にあります。

実際、男性のビジネス時計としてはスタンダードなクロノグラフは、その構造の複雑さゆえ重厚な作りになりがち。

カジュアル服の外しとして着用するならともかく、エレガントさが求められる女性のビジネス時計としては不向きと言わざるを得ません。

また、男性は時にステータスの象徴として派手な時計を身につけますが、それはビジネススーツを着ているという前提があってのこと。

女性がビジネス時計を選ぶ場合は、全体のコーディネートを意識してチョイスしてください。

ビジネスシーンにおすすめの時計とは

男性・女性の別なく、ビジネスシーンの時計は下記が基本となります。

  • 金属か革ベルト
  • 文字盤は白
  • 派手な装飾はNG

革ベルトはカジュアル寄りなので、始めて購入するなら金属(シルバーカラー)がおすすめ。

また、就活の面接では、ピンクゴールドやイエローゴールドは控えるべきですね。

ただし、会社によってドレスコードは様々なので、心配なら先輩や上司の時計を参考にしてみてはいかがでしょうか。

時計は手の甲側?手首側?

男性の場合手の甲側に付ける一択しかありませんが、女性はどちらに付けるか迷いますよね。

結論としてはどちらでも良いのですが、ビジネスシーンでは甲側に付けることをおすすめします。

ルーツは諸説ありますが、いずれにしろ手首側につけるのは日本独自の文化なんです。

現在のビジネススタイルはご存知のとおり欧米をルーツとするものですから、それを考えると手首側につけるのは違和感があることは否めません。

さすがに「日本式でしょ?」なんてツッコミを入れる人は見たことがありませんが、迷った場合は甲側に着用しましょう。

おすすめ20ブランド紹介します

ここからは、ビジネスシーンで大活躍すること間違いなしの3万円以内で買える20ブランドを紹介したいと思います。

  • 各ブランドは楽天市場もしくはアマゾンで最新の在庫状況を検索できるようにしてます。人気モデルは商品数が少ないことも予想されますので、楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングでそれぞれ調べる事をオススメします。
  • 各メーカーの画像はイメージで、最新の在庫状況を示すものではありません。最新の情報を知りたい場合は、楽天市場・アマゾン・ヤフーショッピングで検索するか、各ブランドのホームページをご覧下さい。
  • 利便性を優先し、一部のブランドは本国ではなく輸入代理店のホームページをリンクしております。

フォッシル

1984年にアメリカで創業したブランド。

創業100年超のメーカーが数多存在する時計業界にあって歴史は浅いですが、種類の豊富さとクラシカルなデザインで大人気となりました。

クラシックテイストをベースとしていますので、フォーマルからカジュアルまで合わせやすいです。

■ANNETTE(定価19,440円)

細身のベルトが女性らしさを演出するモデル。

フェイスはシンプルながらも、クラシカルな6と12のローマ数字が高級感を演出しています。

■JACQUELINE (定価22,680円)

こちらはシンプルなデイトモデル。

針や文字盤・フェイス部分に余計な装飾が無いので、就活などにもぴったりですね。

色やベルトの種類が多いので、きっとお好みものが見つかるはず。

■JACQUELINEレザー(定価17,280円)

こちらはアンティークテイストのレザータイプ。

ケースのゴールドがアクセントになって、地味なスーツスタイルにも花を与えてくれますね。

出典:フォッシルホームページ

ダニエル・ウェリントン

イギリスの紳士が愛用していたアンティーク時計にインスピレーションを受けて生まれたブランド、山田優さんや石原さとみさんなど有名モデルや女優さんも愛用しています。

高級感あふれるデザインながら低価格、どんな服装にもマッチするのでこれ1本あればなにかと重宝します。

新宿・原宿に直営店も展開する、今日本でも大人気のブランドです。

■シェフィールド(定価22,000円)

ダニエル・ウェリントンの中でも、もっともスタンダードなモデルです。

画像のブラック(文字盤)×ゴールド(ケース)以外にも、ストラップ含め様々な組み合わせが楽しめるのも魅力的。

彼とペアウォッチなんてのも良いですね。

出典:ダニエル・ウェリントンホームページ

クラスフォーティーン

こちらも、今巷で大人気のクラスフォーティーン、イタリア人デザイナーマリオ・ノビル氏を中心に設立したブランドです。

女優さんがテレビドラマで着用したり、雑誌でも多数特集されていることから、人気モデルはすでに品薄状態。

なんといっても、大きなフェイスとバンク(傾斜路)を思わせるデザインがインパクト大で、地味なオフィスルックにも花を添えてくれますね。

■VOLARE(定価27,000円)

クラス14の特徴とも言えるバンクした文字盤が印象的な革バンドモデル。

クラス14は全体的にインパクトが強いデザインなので、ビジネスシーンではこのくらい抑え目のモデルがおすすめです。

 

■VOLARE シルバーメッシュ(定価29,160円)

こちらはシルバーメッシュモデル。

特徴的なフェイスの形状以外は過度な装飾が無いので、カジュアルからフォーマルまで幅広く活躍しますね。

 

 

出典:クラスフォーティーンホームページ

クロックハウス

国内最大級の時計専門店チェーン、ザ・クロックハウスが手がけるオリジナルウォッチ。

国内ブランドにも関わらず、「企画」「開発」「販売」まで一貫して行ってるので価格がリーズナブル。

また、全国に200以上のショップがあるので、電池交換や修理等のアフターサービスも安心です。

フレッシャーズや就活生におすすめのブランドですね!

■LBF5002-WH2A(定価7,000円)

この価格帯では珍しいトノー型(樽型)フェイスのモデル。

なんといっても7,000円という価格帯で、日本製クォーツ・3気圧防水と機能性も抜群!

しかも、値段だけでなく3年保証・初回電池交換無料・無料サイズ調整等アフターサービスも群を抜いています。

※アフターサービスはクロックハウス系列店のみの対応となります。

■LBCSH1606-12(定価5,000円)

こちらのモデルは驚異の5000円!

とても紹介しきれないのですが、クロックハウスの腕時計は価格だけでなくデザイン・カラーバリエーションも豊富なので、気になった方はぜひ検索してみてください。

出典:クロックハウスホームページ

マークジェイコブス

ニューヨーク出身のデザイナーマーク・ジェイコブスが立ち上げたブランド。

そもそもインポートのファッションブランドは好みが分かれるとこではありますが、マークジェイコブスの時計は主張し過ぎないところが良いですね(笑)

ファッションブランドらしいおしゃれなデザインはもちろん、他のファッションブランドと比べてリーズナブルでお求めやすい価格帯になっています。

■Marc Jacobs Classic 28 Silver (定価25,000円)

落ち着きのあるシルバーですが、チェーンブレスレットが特徴的ですね。

■Marc Jacobs Classic 20 Ion Plating (定価29,000円)

小径のフェイスとローズゴールドが高級感を演出します。

こちらのモデルは控えめなデザインなので、どんなシーンでも合わせやすいのが特徴です。

■Marc Jacobs Classic 36 Ion Plating Gold Black Strap (定価25,000円)

マークジェイコブスウォッチの特徴とも言える、12~3時に配置されたMARCの文字がクラシカルな雰囲気にマッチしてます。

なめらかな薄型ケースなので、付け心地も良いです。

出典:マークジェイコブスホームページ

タイメックス

1854年アメリカで創業した、歴史あるブランド。

アメリカが得意とする大量生産で、高品質・低価格を実現し世界中で大人気となりました。

もともと、機械式時計を作っていただけあって技術力が高く、スポーツウォッチや文字盤全面発光など世界に先駆けて発表しています。

インポートブランドとしては安価なのも魅力的ですね。

■イージーリーダー40thブラック(定価11,000円)

40年に渡り人気を博していたロングセラーモデルです。

世界で累計1億本以上売れているイージーリーダーは、不変的なデザインで人気があります。

■イージーリーダーエキスパンション(定価9,800円)

まるでメンズモデルのような、太いベルトが特徴的なモデル。

前項のイージーリーダーのベルト違いですが、こちらも安価でお求め安い価格設定になっています。

 

■イージーリーダー シグネチャー30mm(定価11,000円)

タイメックスの特徴の一つである型押しレザーとゴールドフェイスがエレガントですね。

イージーリーダーのベルトは数種類から選べるので、シーンによって使い分けることも可能ですよ。

出典:タイメックスホームページ

カルヴァンクライン

1968年にニューヨークで生まれたアパレルブランド。

日本でもジーンズやアンダーウェア・香水で人気に火がつき、有名ブランドながら低価格で愛好者も多いです。

時計はスイスのビッグブランド「スウォッチ」と提携してから、デザイン性のみならずスイスメイドの品質を得ることができました。

ミニマルモダンなデザインがどんな装いにもマッチするので、ビジネスシーンでも幅広く活躍してくれますね。

■ミニマル(定価24,840円)

シンプル文字盤にメッシュベルトをあしらったモデル。

ミニマルモダンな逸品ですが、中央のロゴがアクセントになってますね。

■チアーズ(定価25,920円)

こちらもシンプルなフェイスながら、カルバンクラインらしいベルトデザイン。

また、デザインだけではなくスイスメイドで作られているので、時計の信頼性も高いです。

■イーブン(定価27,000円)

ポリッシュ加工された文字盤が印象的なモデル。

基本的にカルバンクラインの時計はシンプルなのでどんなシーンでも合わせやすいですが、こちらのモデルはストラップが2本付属しているので気分によって使い分けることができます。※購入の際は念のためショップに確認してくだい。

出典:カルバンクラインショップより

ベーリング

北欧モダンの急先鋒ベーリングは、2010年スウェーデンの冒険家が設立したブランドです。

その名のとおりベーリング(北極)、オーロラ、氷にインスピレーションを受けたデザインを多数発表しています。

どのモデルもシンプルデザインですが、それでいて存在感があるから不思議。

■CURVING MESH14531-262(定価19,000円)

文字盤は中央にロゴだけという、ベーリングらしいシンプルフェイスな逸品。

多色展開で好きな色がチョイスできるのも人気の理由ですね。

■CURVING MESH10126-366(定価21,500円)

こちらもベーリングらしいシンプルフェイス。

インデックスをアラビア数字の代わりにスワロフスキーで表現していますが、それでいて下品にならないのはさすがですね。

■Solar14424-307(定価24,500円)

ベーリングの真骨頂とも言える、ベーリング海を思わせるネイビーブルーが特徴のモデル。

しかも、ソーラー時計なので電池交換なしで長く使用することができます。

出典:ベーリングホームページ

キャサリン・ハムネット

1979年イギリスで創業したファッションブランド。

英国クラシックをベースに現代のトレンドを融合したデザインを得意としています。

時計のラインナップは決して多いとは言えませんが、その分レア感があるので1点もの感覚で着用できおすすめです。

■SMALL ROUND(定価25,920円)

キャサリン・ハムネットのスタンダードにしてロングセラーモデル。

ミニマルで落ち着きあるクラシカルフェイスと茶色のカーフが「できる女性」を演出してくれます。

■NEW BASIC – CUBA(定価21,600円)

前項のスモールラウンドとは打って変わって、こちらはクラシカルでも少しPOPな印象のモデル。

インデックスが「分」表示なのも、キャサリン・ハムネットらしい洒落が効いていて面白いですね。

出典:キャサリン・ハムネットホームページ

スカーゲン

デンマークの北部の街スカーゲンで産声をあげたブランド。

北欧ミニマルモダンを踏襲したデザインと高い品質を誇り、時計のみならずバッグやジュエリー・小物まで手がけています。

また、デザインや機能だけではなく、日常の使いやすさを意識して作られているのが特徴です。

3万円を大きく超える北欧ブランドが多い中、お求めやすい価格帯も魅力的ですね。

■Hald Rose Tone Silk Mesh (定価27,000円)

34mmのフェイスにローマ字インデックスを配したシンプルなモデル。

カラーバリエーションが豊富、ストラップも付け替え可能なので汎用性が高いです。

スカーゲンらしいミニマルモダンなモデル。

ゴールドのケースにつや消しされたディープブルーがラグジュアリー感を演出します。

出典:スカーゲンホームページ

コモノ

2009年ベルギーにて設立したデザイナーズブランド。

レトロフューチャーを掲げるだけあって、ミニマルモダンをベースに流行を取り入れたデザインが秀逸ですね。

背伸びしないで買える価格帯も魅力的。

ちなみに「コモノ」のブランド名は、日本語の小物からインスパイヤされています。

■ハーロウ(定価19,440円税込)

ハーロウは36mmと若干大きめのフェイスに、くびれのようなキュッと締まる細身メッシュストラップのコントラストが面白いですね。

■エステル プライム コニャック (定価11,664円税込)

こちらはゴールドケース&シンプルインデックスのミニマルな1本。

4時方向に配置されたブランドロゴがコモノらしい洒落た演出です。

■エステル マーブル (定価12,744円税込)

コモノといえばマーブルというくらい、このブランド定番のモデルになりつつあります。

ホワイトのフェイスじゃなんか物足りないなんて方に、大理石調のマーブルデザインがおすすめ。

出典:コモノホームページ

クリスチャンポール

オーストラリアはシドニーで誕生したブランド。

他のブランドと同じく、創業地であるオーストラリアの自然や文化に影響を受けたデザインを多数発表しています。

高いデザイン性と購入しやすい価格帯で雑誌にも多く取り上げられ、20代を中心に人気が高まっています。

ストラップがカスタマイズ可能なのも嬉しいオプションです。

ギャリーフレミングコレクション(定価19,980円税込)

ビジネスという括りでは紹介するかどうか迷いましたが、一押しモデルなので掲載します。

6時-10時方向に大胆に配置された花鳥のイラストがインパクトありますね。

ピンクマーブル(定価19,440円税込)

こちらはクリスチャンポールでも人気のマーブルに、日本限定のカラーが発売されたので紹介します。

薄ピンク・ミニマルデザインなので派手過ぎず、ビジネスシーンでもおすすめの1本です。

グリッドコレクション(定価16,740円税込)

グリッドがアバンギャルドな1本です。一見合わせにくそうですが、意外とカジュアルからスーツまですんなり決まります。

出典:クリスチャンポールホームページ

カバンドズッカ

1997年スタート、お馴染みズッカのウォッチライン。

「時を楽しむ」をコンセプトに、今季も食べ物にインスパイヤされたコレクションを発表するなど、時計の新しいあり方を提案しています。

ちなみに、製造は信頼のセイコーです。

■BUTTER SABLÉ(定価15,000円)

バターサブレにインスパイヤされたモデル。

なんといっても、スクエア型のフェイスに小ぶりの文字盤が絶妙なバランスで配置されているのが面白いですね。

■CHOCOLAT BAR(定価18,000円)

サブレの次はチョコレートバーです(笑)

ネーミングはともかく、時計の枠を超えてレザーブレスレットのような使い方もできますね。

■CARAMEL(定価14,000円)

最後は美味しそうなキャラメルです。

細身ベルトと小ぶりなフェイスが主張しすぎないので、どんな服装にも合わせやすいですね。

出典:ズッカホームページ

ブルッキアーナ

こちらも20代を中心に人気急上昇中のブランド、ブルッキアーナ。

2005年日本で創業しましたが、最近は雑誌やSNSでも断然露出が増えてきていますね。

企画から品質管理まで一社体制でおこなうことによって、インポートでは高額になりがちな高品質の時計を適正価格で販売しているのが人気の秘密です。

■ROUND SLIM(定価12,800円)

「ブルッキアーナといえばこれ!」という定番モデル。

文字盤の独特の光沢はパールをあしらった物。

文字盤以外は至極シンプルで合わせやすいうえに、厚さ8mmの丸みを帯びたフォルムなのでつけ心地抜群です。

■ROUND SLIM MARBLE(定価6,980円)

こちらはトレンドを抑えたマーブルモデル。

雷鳴のようなマーブル模様がアクセントになり、フォーマルシーンにもぴったり。

出典:ブルッキアーナホームページ

ラースラーセン

デンマーク創業のブランド。

ザ・北欧デザインと形容されるくらいミニマルモダンの急先鋒として名高く、ほとんどのモデルはセンターロゴとバーインデックスのみで構成されています。

ちなみに、今シーズンはデンマークと日本の有効150周年記念として藍染とのコラボをおこなっていますので、ネイビーがおすすめです。

■LL146RWSAS(定価28,080円税込)

ラースラーセンらしいミニマルデザインが特徴のモデル。

こちらは日本限定の藍染カラーです。

■Lykke(定価23,760円税込)

こちらのモデルもシンプルでエレガントなライトピンク。

小ぶりなケースなので、アクセサリーのように気軽に装着できます。

出典:ラースラーセンホームページ

ヴァーグウォッチカンパニー

ジャパニーズブランドであるヴァーグウォッチカンパニー。

なんといってもこのブランドの一番の特徴は、1920年代頃のロレックスなどイメージしたヴィンテージデザイン。

フェイスやベルト等のパーツはもちろん、古くみせるエイジング加工など時計作りにもこだわりが垣間見れます。

また、日本製ムーブメントを使用しているので信頼性も抜群です。

■クッショントゥエルブ(定価29,160円)

スモールセコンドとクッションケースがハイセンス!

見た目のヴィンテージ感もさる事ながら、12のインデックスが良いアクセントになってますね。

大人の女性に付けて欲しい、そんな1本です。

2EYES(定価29,160円)

その名のとおり、デュアルメーターが目を引く逸品。

そして、機能性以上に他のブランドとは異なる、独特のオールド感あふれるデザインがおしゃれですね。

出典:ヴァーグウォッチカンパニーホームページ

ワイアード

セイコーの若者向けライン。

セイコーの品質についてはもはや説明するまでもありませんが、なんといってもソーラー時計が2万円台前半から買えるのは魅力的ですね。

また、好き嫌いが分かれるところではありますが、女の子らしいインデックスのあしらいにも注目です。

■AGED102(定価21,000円)

デスクワークでも時計が腕の動きを邪魔しないスクエアタイプ、ピンクの文字盤が印象的です。

このモデルに限らず、ワイアードは女性らしいデザインが得意ですね。

■AGED087(定価24,000円)

こちらは27mmの小ぶりなケースと、不揃いに配置されたインデックスが特徴のモデル。

この値段でソーラー充電・5気圧防水とコスパも高いです。

■AGET402(定価16,000円)

こちらは、ソーラー充電こそありませんが、白蝶貝やスワロフスキーを贅沢にあしらった逸品。

ここまでガーリーチックなデザインはなかなか無いので、気になる方はチェックしてみてください。

出典:ワイアードホームページ

アデクス

ロンドン発のブランド。

正直、デザインはどこにでもあるミニマルモダンが中心なんですが、このブランドの特徴はなんといってもインポートにも関わらず値段が安い。

しかも、全ての時計が9999円、8888円、7777円という、冗談のような価格設定(笑)※税抜き

この値段なら、2本購入しちゃうなんてこともできますね!

■2043A-06(定価8,888円)

アデクスのラインナップの中でも特に人気なのがこのデイトモデル。

芸能人にも愛好者が多く、最近はSweetとコラボしたり雑誌の露出も増えていますね。

■1870A-04(定価7,777円)

こちらはアンティーク感あふれるスモールセコンドタイプ。

30gと軽量で、日本製ムーブメント・3気圧防水と値段だけでなく機能性も有しています。

出典:アデクスホームページ

エンジェルハート

雑誌でも多く取り上げられているのでご存知の方も多いと思いますが、吉岡里帆さんの広告でもお馴染み、信頼のジャパニーズブランドです。

レディス専用ブランドだけあって種類も豊富、どちらかというと可愛い系のデザインが多いです。

値段もリーズナブルなので、就活生や新社会人の方にもおすすめ。

■Sparkle Time(定価18,000円)

ローマ字インデックスとスワロフスキーが特徴のモデル。

また、その見た目とは裏腹に、ソーラー充電なのも評価が高いですね。

■Twinkle Heart TH16SP(定価14,000円)

フランク・ミュラーを彷彿とさせるインデックスが目を引きます。

ケース周りにスワロフスキーをあしらっていますが、派手すぎないのでビジネス使いにもぴったり。

■Twinkle Heart NT20YG-BW(定価12,000円)

エンジェルハートのラインナップでは珍しい、レザーバンドタイプ。

フェイスは可愛らしい印象ですが、カーフレザーが落ち着きを与えています。

出典:エンジェルハートホームページ

テッドベーカーロンドン

最後は日本でもお馴染み、テッドベーカー、1988年ロンドンではなくイギリス北部のグラスゴーで創業。

日本へは2012年に初上陸しました。(表参道が1号店)

メンズ・レディースファッションを中心に、時計から小物・フレグランスまで発売しており、現在世界に300店舗を展開しています。

■TARA(定価20,520円税込)

スクエアフェイスのアンティークモデル。

文字盤にパールがあしらわれているので、重厚にして高級感がありますね。

 

■ELANA(定価17,280円税込)

テッドベーカーの特徴であるボウタイインデックスがあしらわれたモデル。

この値段でこれだけ高級感を出せるのは、ファッションブランドならではですね。

KATE(定価22,680円税込)

最後は、テッドベーカー看板モデルKATE、マット仕上げのフェイスとバーインデックスが鮮やかですね。

ストラップが2本ついているので、ONとOFFで付け替えることもできます。

カラバリやストラップも多数取り揃えていますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

出典:テッドべーカーロンドンホームページ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人気から定番、はたまた知る人ぞ知るブランドまで集めてみましたが、気になるブランドもいくつかあったのではないかと思います。

ビジネスシーンで使うとなるとある程度高級感が必要になりますが、かと言って5万円や10万円なんて時計は気軽に買えるものではありませんよね。

ですので、今回は3万円以内という制約の中で、おすすめのブランドを特集してみました。

もちろん、楽天やアマゾンなどネットで購入できるので、ぜひ興味があるブランドはチェックしてみてください。

この記事が参考になれば幸いです。

【関連記事】

ネットで買える!ビジネスからカジュアルまでおすすめ腕時計300ブランド大特集

ビジネスでは付けるのがマナーなの?腕時計の意味やデザイン・機能を解説します!

アップルだけじゃない!ビジネスにおすすめのスマートウォッチ18ブランド大特集

スポンサーリンク





まだ現金払いしているのですか?その支払い損しているかもしれませんよ…

現代は現金よりクレカや電子マネーの方が圧倒的にお得です。就活生やフレッシュマンのみなさん、これを機会にぜひクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか?

この記事では、クレカの疑問を1から10までまとめてみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

身だしなみマスター

元大手食品会社の営業マンで、身だしなみの専門家。 就活中の学生や新入社員の身だしなみを専門に解説したサイトが少なかったためこのブログを立ち上げる。 「無理なく格好良く、無理なくおしゃれに」がモットー。 一児の父で、週末は娘と公園に出かけるのが楽しみ。