知らないと恥をかく!?結婚式・披露宴の身だしなみ常識やマナーを解説します!

スポンサーリンク





こんにちは、身だしなみマスターです。

社会人になると、結婚式に呼ばれる機会も増えますよね!

ださお君
身だしなみマスター、今度親友の結婚式なので思いっきりおしゃれして行きます!
身だしなみマスター
おしゃれは良いのですが、ほどほどにしなければいけませんよ…

結婚式には独自の身だしなみマナーがあります。

知らないと、自分自身はもちろん招いてくれた新郎・新婦にも恥をかかせてしまうかもしれません。

今回は、そんな結婚式・披露宴での身だしなみのマナーについて解説しようと思います。

平服は普段着ではない

ださお君
身だしなみマスター、招待状に「平服でお越し下さい」って書いてあるけど、スーツじゃなくても良いんですか?
身だしなみマスター
いえいえ、平服とは「略礼装」のこと、カジュアル着のことではありません(笑)

礼服には「正礼装」「準礼装」「略礼装」という格式があります。

正礼装は燕尾服やモーニングといったものですが一般的に親族や仲人が着るものなので、招待客は準・略礼服であるブラックスーツが基本になります。

礼服(礼装)って何?どんな時に着るの?ルール・マナーまとめて解説します!

勘の良い方は、この時点で2つのポイントに気づいたかもしれません。

次項から順を追って解説させていただきます。

ビジネススーツはNG

一つ目のポイント。

わざわざ礼服と言ってるくらいですから、たとえブラックカラーでもビジネススーツは礼服ではありません。

ですので、本来結婚式でビジネススーツはNGなんです。

結婚式と言ったら上記のような服装を思い浮かべる方もおおいと思うのですが、いくら3ピースでも決めても所詮はビジネススーツ…礼服ではありません。

大前提として、結婚式はブラックスーツと覚えておきましょう。

しかし、最近はガーデンウエディングやレストランウエディング等カジュアルな結婚式もあるので、服装に迷いますよね。

そんな時は、正直に新郎新婦に相談するか、周りの友人・知人に聞いてみても良いと思います。

礼服とビジネススーツのブラックの違い

ビジネススーツのブラックは、正確にはチャコールなどグレーに近いブラックです。

それに比べて、礼服はディープブラック。

これは、素人でも容易に判別できるので、ビジネススーツを礼服に見せるのは難しいです。

派手な服装もダメ

2つ目のポイント、それは派手な服装はNGということです。

これ、男女の別なく勘違いされている方が非常に多いんですよね。

派手なカフス、派手なネクタイ、派手なシャツ等…中には「夜のご商売の方?」と思わずにはいられない人も(笑)

そもそも結婚式の主役は誰なのかを考えれば答えは簡単ですよね。

あくまで新郎・新婦のための結婚式、その2人より目立ってはいけません。

百歩譲って親しい友人の結婚式ならともかく、会社や取引先絡みだったら間違いなく恥をかきますよ。

昼の礼服、夜の礼服がある

身だしなみマスター
ださお君、礼服には昼と夜があるって知ってました?
ださお君
えっそうなんですね…でも、それ結婚式に何の関係があるのですか?

先ほど、正礼装は親戚や仲人が着ると言いました。

準礼装・略礼装は昼夜問わずブラックスーツですので招待客には関係ないように感じますが、実はけっこう勘違いしている方が多いんです。

■モーニング・ディレクターズスーツ(昼)

出典:ノービアノービオより

■燕尾服・タキシード(夜)

出典:ノービアノービオより

上記のタキシードをご覧下さい。

蝶ネクタイしてますよね…そう、実は蝶ネクタイは夜に着用するものなのです。

結婚式に行かれたことのある方なら分かると思いますが、昼間から蝶ネクタイされてる人いませんでしたか?

礼を欠いているわけではありませんしおしゃれだとは思いますが、本来昼間に付けるものではないんですね。

最近は本場の欧米でも、昼間にタキシード着て列席されている方もいるようですが、本来はNGですので覚えておきましょう。

もし着用したいなら、昼間の結婚式は通常のネクタイで出席、夜の二次会で蝶ネクタイに変えると「こいつ知ってるな!」感が出せるのでおすすめです。

最近は欧米でもドレスコードはさほど厳しくないですが、本来は昼間に蝶ネクタイすることはNGです。

白ではなくグレーのネクタイを

ださお君
結婚式はお祝いだから、白ネクタイをして行こう!
身だしなみマスター
最近は、結婚式で白ネクタイはあまり見ませんよ。

これも意外と勘違いしている方が多いですね。

結婚式といえば白ネクタイ、完全に間違いとは言い切れませんが最近は減少傾向です。

そもそも、本場の欧米ではお祝いの席であまり白ネクタイを着用しません。

日本で白は縁起のいい色なので欧米と違うのは良いとして、「年配の方がしているイメージ」とか「親族に遠慮して白は避けるべき」なんて意見もあります。

招待客でしたら、光沢のある(シルクやサテン地等)グレーの無地ネクタイが基本となります。

ネクタイの生地ってどんな種類があるの?おすすめの柄は?まとめて解説します!

または、無地であれば多少明るいカラーでも構いません、発色の良いグリーンやブルーなどはブラックスーツにも映えるのでおすすめですね。

ポケットチーフは必ず身に付ける

準礼装・略礼装に欠かせないのがポケットチーフですね。

地味なブラックスーツで唯一個性を出せるポイントでもあるので、必ず身につけて出席しましょう。

基本的には白ですが、派手にならなければネクタイの色に合わせても良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お祝いごとなので、あまり服装に突っ込んで来る人はいないと思いますが、こういうのって後から気づくと恥ずかしいですよね(笑)

それでも、気の知れた友人・知人の結婚式ならまだ良いのですが、仕事関係で身だしなみを間違えると後から上司に呼び出されて怒られたりなんてことも…(これ、実際に会った話です。)

社会人になると「こんなことも知らないの?」なんて後ろ指さされることもありますから、ぜひ覚えておいていただければと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク





まだ現金払いしているのですか?その支払い損しているかもしれませんよ…

現代は現金よりクレカや電子マネーの方が圧倒的にお得です。就活生やフレッシュマンのみなさん、これを機会にぜひクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか?

この記事では、クレカの疑問を1から10までまとめてみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

身だしなみマスター

元大手食品会社の営業マンで、身だしなみの専門家。 就活中の学生や新入社員の身だしなみを専門に解説したサイトが少なかったためこのブログを立ち上げる。 「無理なく格好良く、無理なくおしゃれに」がモットー。 一児の父で、週末は娘と公園に出かけるのが楽しみ。