出世する人ってどんなタイプ?仕事ができれば評価されるなんてのは大間違いだよって話

スポンサーリンク





こんにちは、身だしなみマスターです。

いつも身だしなみのお話ばかりしていますので、たまには息抜きさせてください(笑)

今日は会社組織全般についてのお話をしようと思います。

皆さん、出世する人ってどんなタイプの人間だと思いますか?

「何をするにも完璧にこなす人」

「営業成績が常にナンバーワンの人」

まぁ大体の方がこう考えていると思いますが、実はそうではないのです。

今回は「出世する人ってどんなタイプ?仕事ができれば評価されるなんてのは大間違いって話」と題して、出世について赤裸々に語ろうと思います。

ずばり、出世するのはこのタイプだ!

もったいぶっていてもしようがないので、答えを言いましょう。

それは、「立ち回りが上手い人」「運を持った人」です。

私は、新卒で大手食品会社に入社してから様々な会社を渡り歩いてきましたが、どの企業でもこの傾向が強いです。

では、「立ち回りが上手い人」「運を持った人」とは具体的にどういった人なんでしょうか。

例えば、出世する上司の懐刀になることです。

当たり前ですが、可愛がってもらっている上司が出世したら、自分自身上げてもらえる可能性が高くなります。

要は派閥ですね。

そして、その上司(派閥)が出世するには運も必要です。

ここまできて「あれっ」と思いますよね。

そうです、仕事ができるかどうかなんてあまり関係ないのです。

豊臣秀吉は戦国最強だったか?

家族経営とかコネがあるならともかく、ある程度の規模になれば上昇気流に乗ることが重要になってきます。

「いやいや、仕事ができないと出世するわけないじゃない」

そう思った方、過去の歴史を振り返ってみてください。

豊臣秀吉は戦国最強の武将でしたか?

徳川家康は戦国最強の武将でしたか?

彼らがすごいのは腕力や知力ではありません、世渡りが上手く運も強い。

豊臣秀吉にしたって、織田信長に仕えていたから立身出世したのです。

徳川家康は、今川から織田、織田から豊臣と鞍替えのタイミングが上手いんですよね。

結局、いくら仕事ができても出世できるとは限らないんです。

ドロドロだった上場企業

私は一時期、ある上場企業に在職していましたが、ここがまぁドロドロの人事でした(笑)

一族経営でしたが、私が入社した時期は創業者の親族が会社の金を横領したということで、別の人間が社長(A社長とします)をやっていました。

身だしなみマスター
株主の意向で、創業者一族は社長にできなかったようです。

創業者の息子であるB常務はA社長が面白くないんですよ、自分の会社が乗っ取られたと思っていたんでしょうね。

A社長は危険を察してか、B常務に敵対する人間で人事を固めます。

極め付きは、創業者の妾の子であるC専務の役員入り。

身だしなみマスター
妾(めかけ)、要は創業者の愛人の子どもということですね。

現代ならともかく、戦前や戦後の混乱期は「妾を囲う」というのは良くあった話のようです。

はい、ここからのオチは誰しも想像できますよね…そうですレボリューションです(笑)

どうやって革命を起こしたのか、当時下っ端の私には知る由もないですが、B常務の反乱で会社の人事がひっくり返りました。

A社長の息のかかった人間は、C専務を含め支店や現場へ島流しです。

半沢直樹は本当にある

少し前に大ヒットしましたね、倍返しの半沢直樹。

「あんなのドラマだけでしょ」なんて思っている就活生・新社会人の皆さん、社会では本当にドラマみたいなことが起きるのです。

結局、科学は発達しましたが、根本的な部分では古代中国や古代ローマの権力闘争となんら変わってないんですよね。

かと言って「驕れる者は久しからず」ではないですが、出世街道驀進中の上司が急に倒れて派閥がなくなるなんてこともあります。(私が体験した本当の話です。)

う~ん、会社組織って難しい。

出世できないからってくよくよしない

皆さんまだ同期と仲良くやっている時期だと思いますが、あと3~4年すれば主任になる人も出てくるでしょう。

そうなると「自分と同期のあいつは何が違うのだろう?」なんて深く考えてしまいます。

これ、今回の記事で一番言いたかったことなんですが、出世は仕事の善し悪しだけで決まるものではないということです。

なので、同期が先に出世したとか、花形部署に栄転だとか…そんなことでくよくよしないこと。

 

よ~く考えてみてください、営業なら売上実績もある程度考慮されるでしょう。

しかし、明確な数字の目安がない部署の人事で、「主観にとらわれず公平に」なんてできると思いますか?

表立っては誰も言いませんが、少なからず感情が入るのは確かです。

ですので、やや精神論ですが余計なことは考えず目の前の仕事に一生懸命取り組むことです。

それでもダメだったら、転職を考えても良いかもしれませんね。

ちなみに、会社組織の派閥や人事のドロドロ感を知りたい方は、課長島耕作を読みましょう!

「えっこんな気まぐれで人事って決まるの!?」なんて思うはずです(笑)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現在、私はサラリーマンの傍ら副業にも精を出しており、十分な収入を得ているので立身出世に全く興味がありません(笑)

ですので、同僚の出世にも素直に喜ぶことができます。

しかし、新卒の頃は同期が早く出世すると「悔しい」とか「妬ましい」気持ちになったものです。

そんな悩んでいた時期を思い、この記事を書いてみました。

多分、出世に関して悩んでいる方は非常に多いと思いますので、少しでも気持ちが楽になってくれたら嬉しいですね。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク





まだ現金払いしているのですか?その支払い損しているかもしれませんよ…

現代は現金よりクレカや電子マネーの方が圧倒的にお得です。就活生やフレッシュマンのみなさん、これを機会にぜひクレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか?

この記事では、クレカの疑問を1から10までまとめてみました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

身だしなみマスター

元大手食品会社の営業マンで、身だしなみの専門家。 就活中の学生や新入社員の身だしなみを専門に解説したサイトが少なかったためこのブログを立ち上げる。 「無理なく格好良く、無理なくおしゃれに」がモットー。 一児の父で、週末は娘と公園に出かけるのが楽しみ。